八九式中戦車(甲)デカールセットVol.1 / TYPE-89 MTK (Koh) Decal set Vol.1 (2)

2017-08-29 | 16:59

8/29
優先順位と仕様は状況に応じて変化する。
醤~油~事だよ(笑)

1.16
と言うわけで一ヶ月ぶりの更新です。
増加装甲タイプの搭乗ハッチの裏面と、その他であります。
004_20160116094530f87.jpg
「その他って何よ?」の答えは4月ごろに分るのであります。
(多分!)

15.12.16
八九式の増加装甲を製作中であります。
005_20151216102500339.jpg
デカールセットには、これらが4組含まれます。

星型に切り欠かれた右側の装甲板
006_20151216102459c87.jpg
007_20151216102458c96.jpg

12/14
八九式中戦車用の増加装甲を作製中であります。
星章のところは大ざっぱに丸く切り掛かれていると思い込んでおりましたが、そうではなく。
★のアウトラインに沿って切り掛かれていました。
それもかなりぴったり目に。
006_20151214172241fc7.jpg
(↑)先ずアウトラインに沿うかたちで切り取ります。
(↓)周囲をエポパテで埋め、星章の傾斜に沿うかたちに硬化後に整形します。
007_20151214172240d70.jpg

丸く、大ざっぱに切り欠いた方が容易だと思うのですが、実物は大切な兵器ですから後世の自分が、「何々の方が容易なのになぁ~」と思う以上の何かの思いで、星型に時間を掛けて切り欠いたのでしょうね。

ZITADER

チリ車、双連銃架

2017-08-28 | 17:20

製品ページに戻る

8/28
引っ張りに引っ張り倒して、よーやく原型が揃いつつある、チリの双連くん
001_201708281718084ee.jpg

「ふざけてんのか?」
(だって、わかんないだモンww)
002_201708281718075d8.jpg

まぁ、これが一番それっぽい。
003_20170828171806a24.jpg
都合、何種類作れるんでしょう?
、、、やっぱ、3種類か?

8/27
んな訳でチリ車双連銃架の、、なんだろう?架体と称すべきパーツかな?
001_20170827130244cbb.jpg
002_20170827130243b66.jpg
2004年末に発売した五式の長身砲セットから初めて、こーゆー形のパーツばかり作ってるような気がする。

6/29
オートローダー共々、ハナからパッケージと組説を印刷版にするために、もう少し引っ張ろ^^;

3/24
という訳で、これしきの物に何ヶ月かかってるんでしょうか? スイマセン、、、反省してます。
001_201703241939553b4.jpg
(↓)やく2ヶ月前に「大詰め」って書いてますが、ちっとも大詰めでない、、。
申し訳ございません。

1/27
という訳で、こちらも来月の出荷に備えて作業も大詰め中の双連銃架であります^^

002_20170127102954ab2.jpg

製品ページには「3種類作れます」と書いてますが、4種類分のパーツが入ってるので、工夫すれば4台作れます。
まぁ、でも4台も作る人はいないでしょうけどね。

製品ページに戻る

ZITADER

P-V砲塔セット

2017-08-24 | 14:30

8/24

久しぶりのPチリ砲塔

載ってないけど、キューポラはできてるんですよ、もう。
装填手用のハッチは全然ですけどネ(笑)
001_20170824141002f12.jpg
002_20170824141001d75.jpg
両サイドの連絡ハッチはクリアーパーツで、これも届いてる。

大架体は真鍮板をハンダ付けで。
003_20170824141000380.jpg
004_2017082414095952f.jpg
今じゃ、こういうのは3Dプリントするのが早くて正確で普通なんだろうけど、自分の手を動かして物を造りたいからね、こうしてるんです。
3Dプリントを否定してるんじゃなく、ただ自分は、こういうプロセスで立体物を作りたいから、こうしてる。っていう事。
3Dプリントで何かを作るなら、原型を作るんじゃなく、キットに含まれるパーツとしてプリントアウトして、アッセンブリー。

これから時代が進み、3Dプリントなんてスマホレベルにありふれるンだろうね~
反面、真鍮板切り出してハンダ付けで物を作れるボクって、ある種、「レアな人種」に成るンだろうな~♪

【追記】
計画図では大架体は描かれてないから、どう作っても正確か否かは判断しようが無い(爆)

ZITADER

1/16イ号関連パーツ受注分の返金について (6/30)

2017-07-31 | 01:03

いつも大変お世話になっております。
受注していた1/16のイ号関連の商品代金については、本日にて現金書留での返金処理を完了いたしました。
遺漏なきよう努めたつもりですが、お手元に書留封筒が届かない方は御手数ですが、御連絡下さい。

8/3追記
お1人の方様分が転居先不明で戻っております。
心当たりの方は御手数ですが、御連絡下さい。

ZITADER

番外編

2017-07-26 | 21:25

戦意高揚&「目隠し用」にイ号のぼりを作製。
002_20170726211654c5c.jpg
基本、作業場兼自宅なので、見た目は民家。
中味も民家。
荷捌場は普通の玄関。

玄関で荷捌き中や、ちょっと玄関で応対してると、民家が丸見えなので(笑)それらを、このノボリで隠そうかな?と

のぼりはのぼりですが、サイズは通常(1800*600)より大きめの2700*900なので、目隠し用の布としては、まぁ充分なサイズだと?
001_20170726211656999.jpg

イ号関連の商品が増えると、ここの部分に載せていくことに。
003_20170726211654b84.jpg
毎年年末につくりかえるのも良いかな?と思います。

という訳で、今年も半分以上過ぎ、夏も2/3が終わろうとしてますが、頑張って日本の戦車作っていきま~す^^/
004_2017072621165155a.jpg

ZITADER

『1/16イ号の開発中止』 2017/5/15

2017-06-30 | 02:03

 いつも大変お世話になっております。
 
 海外メーカーから1/16のホ号の発売予定がアナウンスされましたので、このブログにて記述しておりました通り 1/16のイ号の開発は一旦中止とし、大きなイ号は1/16から1/12へとスケールアップし、プランを継続してまいります。
 過去の1/16イ号関連への御注文分につきましては確認と御連絡の後、6月上旬に受注代金分を現金書留にて返金処理いたします。
 1/16のイ号の開発は一旦中止となりますが、1/16スケールのAFV関連はラインナップして行きますので、1/12のイ号共々機会がありましたら宜しくお願い いたします。(ブログ内やオーダーフォーム中の1/16イ号関連は、順次1/12イ号に切り換えて行きます

暫く掲示しておくため、投稿日を「6/30」にしてます。

ZITADER

スポンソンの修正

2017-06-07 | 16:05

お久しぶりのイ号のスポンソン。
鋲を貼り付けようとしたら約1ミリサイズが狂ってたことに気づく。
001_201706071600061a7.jpg

なので、修正を。
二組同時に作業すると修正されたかどうかが分かり辛いので、一組ずつ作業を。
002_2017060716000512c.jpg
003_20170607160003e74.jpg
八九式中戦車(甲)と、八九式軽戦車のスポンソンの装甲板の組み合わせは違うから、こんなややこしいことをしなくてはイケナイのであります。

スポンソン、ぱっつん!切り落とすのですが、ちゃんと組みあがるのでせうか?

ZITADER

新式展望塔付き最臼式砲塔搭載型八九式中戦車(甲)の完成

2017-05-12 | 10:27

という訳で、久しぶり、、、1年と9ヶ月かな?振りに加わった新しい八九式。
008_20170512101657b08.jpg
009_201705121016555df.jpg
010_201705121016547a0.jpg
011_201705121016539e4.jpg
014_20170512101652068.jpg
018_201705121016519fb.jpg
020_2017051210171768a.jpg
021_20170512101716b4e.jpg
009_201705121022525f2.jpg
010_201705121022510a9.jpg
022_2017051210225093f.jpg
024_201705121022498f0.jpg
015_20170512102248cb7.jpg
角型砲塔と丸型砲塔の違い。
(八九式の砲塔に名前は無いので好きに呼べばオッケー)

006_20170512102248754.jpg
という訳で、八九式道はまだまだ続くのであります。

完成品リスト

ZITADER

取りあえず塗る

2017-05-11 | 19:50

軸をずらした誘導輪を再セットしたので塗装に、、、
001_201705111527471b1.jpg
002_20170511152746fb8.jpg
003_20170511152745e70.jpg
いくらやる事が多いとは言え、もう少し丁寧な方が、、、

ウェザリングに用いた、ミスターウェザリングペースト。
乾燥が早いので助かります。(油絵の具で同じ事をすると、数日作業はストップ)
007_20170511152801adb.jpg

余談ながら油絵の具はチューブから空き瓶に移し変えておくと、結構便利だと思います。
004_20170511152744e69.jpg

ついでにポリパテなんかもこんな風に。
006_20170511152742490.jpg


ZITADER

軸をずらす。

2017-05-08 | 14:33

誘導輪の軸がキットのままだと、履帯が弛んでしまうので、軸をずらして再接着し、誘導輪の位置を少し前の方へ。
001_20170511143857a3a.jpg

ZITADER