← 戻る MUZIAM(完成品一覧) zitader'sgoods
進む ⇒


八九式軽戦車折衷型

2018-03-16 | 18:55

インターバル空きすぎの前回
製品ページへ
作業は続く

3/16
デッキパネル上の通風筒
001_20180316185038a28.jpg
002_201803161850373c3.jpg
精度と清潔感に欠けるので作り直し。
フィンの数も実際より大分少なくならざるを得ないので、筋彫り等で済ます方がいいかもしれない。

3/15
「こういうのを「重箱の隅をつつく」って言うんだろうな」と思いながら作製。
(完成後はあまり見えないから、ギヤハウジングの形状が気にならない人はこのパーツを使う必要はありません)
005_201803151445284a4.jpg
006_20180315144527c29.jpg
007_201803151445264c5.jpg
キットのギヤハウジングの形状は、高荷画伯のイラストを基にしたのだと思います。

3/9
001_201803090627039ed.jpg
ギヤハウジングだけを削り落とすのは酷く困難なので、パネルごと交換する事に。

3/5
スポンソン仕上げ中
001_2018030505575566b.jpg
002_20180305055754009.jpg
003_20180305055754323.jpg
このタイプのイ号のスポンソン前の視察窓にはスリットが無い。
窓を開けてる写真が多いのはそのせいか(^^?

2018/2/7
という訳でスポンソンを。
002_20180207125540045.jpg
003_2018020712553948b.jpg
004_201802071255396ab.jpg
005_20180207125538ee2.jpg
フィッティングに結構手間取るんだよな~
車框一個丸々作った製品の方が組み立てのこと考えたら楽だ。


インターバル空きすぎの前回
製品ページへ
作業は続く

ZITADER
AFV modell list

やっぱり、バーフェンに再転進

2018-03-11 | 12:21

3/11
チンタラポンタラやりつつも、何となくゴールが見えた気がする。
春分の日には終わっているから、打ち出し⇒アナログで着彩⇒スキャン、デジタル化⇒ガイド原稿の作成ですよ。
後ろ

2/24
まだやってます。
cad.jpg

1/28
終わらんわ(爆)
イ号

2018/1/22
イ号後ろ

という訳で去年は全く進まなかった肝心要のイ号デカール関連、、、。

最初、
デラックスなセットを考え、
あまりにデラックスすぎるので、却って進まないので、増加装甲セットとバーフェンセットに分け、
そして、バーフェンセットを先行で進めていたのだが、インパクトあるのは増加装甲セットだから、そっちに転進して、それに含まれるイ号の砲身カバーセットを先に作った、、、。

002_20180123153941c0e.jpg


(↑)ここまでが去年の12月上旬までの流れ

で、
2日前の朝、ふと思ったのです。
「バーフェンのエッチングは納品されてるから、いつまでも寝かせてる訳にもイカンな~」と。
という訳で再度転進して、
バーフェンセット。

↑のCAD図は塗装説明図の下書き。
多くの人って、こういうのどうやって用意してるんだろ?

インターバル空きすぎの前回

ZITADER
AFV modell list

イ号増加装甲セットVol.1&2

2017-11-28 | 20:30

11/28
イ号の増加装甲
001_20171128202547b77.jpg
002_2017112820254684e.jpg
003_20171128202545b1b.jpg
今年の敗因は水着に溺れたことも然るものながら、

1月に、
「ああ~、先にT-34片付けようかな~?
対して手間取らないよな~?」
と転進したことが大きいように思う、、、。 大変遺憾であります。

すいません。
反省してます。
申し訳ございません。


11/20
Vol.1に含まれる防塵カバー。
033.jpg
036_20171120222248598.jpg
12/3のイベントではこれらのみを限定販売します。
まぁ、1/35のイ号については4台を「こんな感じですわ~」とサンプル展示です。

11/13
イ号増加装甲セットVol.1 に含まれる主砲と防弾器の防塵カバー。

パーツ内容は、、、
1⇒増加装甲*2、ドア*1+防塵カバー、4両分のデカール。
2⇒増加装甲とドア各々*2、4両分のデカールです。 (お薦めはVol.1であります)

001_201711131546466dd.jpg
004_20171113154645bfd.jpg
006_20171113154645382.jpg

フリーのフィギュア原型師の辻村さんならパテで造るんだろうな~と思いながら、プラバン、プラ棒から削りだし。
001_2017111710205244b.jpg

ZITADER
AFV modell list

pm3507 八九式軽戦車折衷型トランスセット (3)

2017-08-30 | 14:36

3/16
準備中

前回までの、にじゅうよん
製品ページへ

ZITADER
AFV modell list

八九式中戦車(甲)デカールセットVol.1 / TYPE-89 MTK (Koh) Decal set Vol.1 (2)

2017-08-29 | 16:59

8/29
優先順位と仕様は状況に応じて変化する。

1.16
と言うわけで一ヶ月ぶりの更新です。
増加装甲タイプの搭乗ハッチの裏面と、その他であります。
004_20160116094530f87.jpg
「その他って何よ?」の答えは4月ごろに分るのであります。
(多分!)

15.12.16
八九式の増加装甲を製作中であります。
005_20151216102500339.jpg
デカールセットには、これらが4組含まれます。

星型に切り欠かれた右側の装甲板
006_20151216102459c87.jpg
007_20151216102458c96.jpg

12/14
八九式中戦車用の増加装甲を作製中であります。
星章のところは大ざっぱに丸く切り掛かれていると思い込んでおりましたが、そうではなく。
★のアウトラインに沿って切り掛かれていました。
それもかなりぴったり目に。
006_20151214172241fc7.jpg
(↑)先ずアウトラインに沿うかたちで切り取ります。
(↓)周囲をエポパテで埋め、星章の傾斜に沿うかたちに硬化後に整形します。
007_20151214172240d70.jpg

丸く、大ざっぱに切り欠いた方が容易だと思うのですが、実物は大切な兵器ですから後世の自分が、「何々の方が容易なのになぁ~」と思う以上の何かの思いで、星型に時間を掛けて切り欠いたのでしょうね。

ZITADER
AFV modell list

1/16イ号関連パーツ受注分の返金について (6/30)

2017-07-31 | 01:03

いつも大変お世話になっております。
受注していた1/16のイ号関連の商品代金については、本日にて現金書留での返金処理を完了いたしました。
遺漏なきよう努めたつもりですが、お手元に書留封筒が届かない方は御手数ですが、御連絡下さい。

8/3追記
お1人の方様分が転居先不明で戻っております。
心当たりの方は御手数ですが、御連絡下さい。

ZITADER
AFV modell list

番外編

2017-07-26 | 21:25

戦意高揚&「目隠し用」にイ号のぼりを作製。
002_20170726211654c5c.jpg
基本、作業場兼自宅なので、見た目は民家。
中味も民家。
荷捌場は普通の玄関。

玄関で荷捌き中や、ちょっと玄関で応対してると、民家が丸見えなので(笑)それらを、このノボリで隠そうかな?と

のぼりはのぼりですが、サイズは通常(1800*600)より大きめの2700*900なので、目隠し用の布としては、まぁ充分なサイズだと?
001_20170726211656999.jpg

イ号関連の商品が増えると、ここの部分に載せていくことに。
003_20170726211654b84.jpg
毎年年末につくりかえるのも良いかな?と思います。

という訳で、今年も半分以上過ぎ、夏も2/3が終わろうとしてますが、頑張って日本の戦車作っていきま~す^^/
004_2017072621165155a.jpg

ZITADER
AFV modell list

スポンソンの修正

2017-06-07 | 16:05

製品ページへ
作業は続く


お久しぶりのイ号のスポンソン。
鋲を貼り付けようとしたら約1ミリサイズが狂ってたことに気づく。
001_201706071600061a7.jpg

なので、修正を。
二組同時に作業すると修正されたかどうかが分かり辛いので、一組ずつ作業を。
002_2017060716000512c.jpg
003_20170607160003e74.jpg
八九式中戦車(甲)と、八九式軽戦車のスポンソンの装甲板の組み合わせは違うから、こんなややこしいことをしなくてはイケナイのであります。

スポンソン、ぱっつん!切り落とすのですが、ちゃんと組みあがるのでせうか?

ZITADER
AFV modell list

紆余曲折を経て、、、

2017-05-01 | 07:37

おはようございます!
どうもボクです。

モロモロの紆余曲折を経て、オーバーフェンダーセットVol.1用の原稿作りに吶喊であります。
C-sBY5SVoAAKqAV.jpg

最初は七連隊に絞ったデカールの予定でしたが、一連隊、四連隊、八連隊他も含め合計12台分のマーキングを含める予定です。
スクリーン印刷からインクジェットにシフトして、イニシャルコストが抑制されるのは助かる反面、ランニングコストが嵩んでしまうという、世の中、そうは問屋が卸さないという感じであります。
まぁ、取りあえず今月中旬には製品版をお見せする予定であります。









約、11時間後
C-upPgCUIAErkBU.jpg

取りあえずレイアウトを決めてます^^

一連隊も(砲塔頂部に鉢巻巻いてる部隊)入れるつもりだったのですが、スペースが、、、^^; 

ぎっちぎっちに詰め込んで、10台かな~?
台紙のサイズを大きくすれば収まるのは勿論ですけど、中間サイズというか、異形サイズに対応していないので、大きくするとスペースに結構なあまりが。
スペース埋めると、この次のVol.2のときに何を入れれば良いのか?と。

余談ながら七連隊の中で興味深いのが第3中隊の「8950」車。この車番の八九式は、八九式中戦車(甲)と、八九式中戦車折衷型の2台が時系列を置き存在する。勿論、同じ第3中隊中に!

ZITADER
AFV modell list

3点セット

2017-04-27 | 06:23

初期型マフラーガード、、
005_20170427061906054.jpg

ディンプルパターン
007_20170427061905322.jpg
(↑)これが高いンだ、、^^

んで、オーバーフェンダーセットのボリューム・ワン !
008_20170427061904234.jpg

所謂、
お約束の「3点セット」っていう事で、、(模型って、お金のかかる趣味ですネ♪)

ZITADER
AFV modell list